ちょこちょこ歩きになってませんか?

こんにちは(^^♪

白馬の保健室 村山知子です。


さてさて、突然なのですが

あなたは最近、

歩くスピードが遅くなったとか、

歩いていて、ふらつくとか、

大股で歩けず、

ちょこちょこ歩きになっている。

このようなお困りありませんか?



では、どうして

ちょこちょこ歩きになってしまうのか?


実は、それはお腹にある筋肉が使えなくなるからなんです。


私たちが歩くときに使う筋肉は、

太ももにあるのではなく、

お腹にあるのです!(ここ、大切なポイントです)


では、どうしてお腹にある筋肉が使えなくなるのか?



実はそれは、呼吸が浅くなっているからなのです。

呼吸が浅くなると

お腹にある筋肉が使えなくなるからなのです。



だから、



ちょこちょこ歩きは

日常生活で『呼吸の仕方』を改善するだけで解消することができます。



「呼吸って?毎日してるし、呼吸の仕方なんてあるの?」

と思いましたよね。


そうなんです。

毎日、無意識に約2万回もしている呼吸の仕方を変えるだけで

お腹にある筋肉が働きます。

そうすると

ちょこちょこ歩きが解消されるのです。




『呼吸の仕方』は簡単です。

ポイントは3つありますよ。


1つめ

鼻から吸って、鼻から吐くこと


2つめ

鼻の奥まで吸うこと

 この時に鼻の奥に空気が流れるのを

 感じられることが大切です。


3つめ

なるべく「長~く吸って」、「長~く吐く」こと

 最初は、7秒かけてゆっく吸って、7秒かけてゆっくり吐きます。

 この時、鼻で行ってくださいね。



この3つを日常生活の中で行う時間が増やすことで

お腹の筋肉を使いやすくなり、

脚が前に出やすくなります。

そうすると

ちょこちょこ歩きが解消されますよ。



1日5分間だけでもやってみると効果を

感じられると思います♪





最後までお読みくださいまして

ありがとうございました。





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること