インナーマッスルって何?その効果は?

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。


体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。


白馬の保健室では体と心が元氣になること

気がついたら、笑顔になっていた。


そんなふうになってしまう

「痛みの出ない体の動かし方」

「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」

「健康」などの

お話をお届けしています。




インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

聞いたことがありますか?


なんか、大事そうだとは思うけどよくわからない。




インナーユニットの活性化を試してくれている

お客さんからは

料理中「腰や背中の痛みが出なくなって、楽になりました!」

とお声をいただいています。




インナーユニットを簡単にお伝えしていきますね。



インナーユニットのことを知っているだけでも

身体への意識が変わり、

身体の使い方を変えてくれるきっかけになります。




インナーユニットとはどこにあるのかというと

お腹にあります。


お腹って、骨がありませんよね。

骨がないから

〝ぐちゃ”と潰れやすいのです。


しかも潰れたら使えなくなる

ってなんとなくイメージできますか?



 







お腹が潰れている猫背












この潰れた状態が私たちの身体に現れるとどうなるでしょう?

見た目には

猫背なんですね。


身体への変化としては

肩こり、腰痛、股関節痛、ヒザ痛、ももパンパンなど

の原因にもなるんです。

人によっては、便秘、冷え、生理痛、頭痛、イライラなどなど。



お腹が〝ぐちゃ”と潰れているから

内臓も潰れるのです。

だから、いろいろな症状として

その姿勢ダメよ。と体が教えてくれているのです。



じゃ、その潰れたお腹を潰れない状態にするにはどうするのか?



それは、

お腹を「引き上げる意識」を持つこと。

体を反らすのではなくて、

「引き上げる意識」ですよ。












お腹のあたりが

「引き上がっている」









この「引き上げる意識」を日常生活の中で何度も入れてみてください。


気がついたらお腹〝ぐちゃ”になっていると思うので、

何度も〝ぐちゃ”に気がついて、

そのつど、「引き上げる意識」をしてみる。


「引き上げる意識」を持ち続けることで

インナーユニットが発達し、

気がついたら


美しい姿勢になっていたり、

痛みがなくなっていたり、

体調まで改善していた。




体を鍛えている感覚はないけれど、

確実に「痛みの出ない身体」に変化していきます。




まずは、「引き上げる意識」を日常でやってみてくださいね♡





今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 前回のブログで 「今やっていることに集中して取り組む」 ということをお伝えしまし