呼吸が上手に出来ることで…



呼吸が上手に出来ることで以下の効果があります

・肩の痛みが改善する

・腰の痛みが改善する

・ヒザの痛みが改善する

・冷えが改善する

・気持ちのイライラが改善する

などなどです。


これらの理由は

呼吸が上手に出来ることで

身体は深部から安定するからなのです。


では、呼吸のやり方です。


①ヒザを立てて寝ます

②鼻の奥までゆっくーり吸って

③鼻からゆっくーり吐く


気をつけるポイントです

②の時に

 ・肩や首に力が入らないようにリラックス

 ・腰が床から浮かないようにする

 ・お腹を意識して膨らませない。勝手にプワーと膨らみます


③の時に

 ・鼻から細ーく長ーく吐くと良いです



眠りやすくなる効果もあるので

寝る前に10呼吸がおススメです。



少しの意識で

痛みの出ずらい身体に変えていくことが出来るのが呼吸です。


毎日取り組んでいただけると

上手な呼吸が身につき身体は必ず変わります。




今日も最後までお読みくださいまして

ありがとうございました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること