寝ずらいと感じたときに…


こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。



患者さんからよくご相談を受ける睡眠のこと

 「寝付けないです」

  朝起きると「首が痛い」「肩が痛い」

  などなど…



そこで、実際に寝ている姿を見せてもらいます。


そうする、とほぼ全員が

『顎が上がっている状態』で寝ています。


これって、寝方の問題で寝ずらいという問題が起きているのです。



試してもらえばわかると思いますが、


顎が上がっていると頭が不安定だと感じになりませんか?


そんな時には『顎を引いて寝てみてください』

頭の後ろ(後頭部)がお布団にしっかりと着く感覚が出ると思います。


頭の後ろが着くと、背中がぴったりとお布団について

頭が安定することを感じられます。



そうなんです、顎を引くことで、背中も布団に着き

頭の後ろ(後頭部)と

左右の肩甲の3点がピタッとお布団に着くから安定するのです。


このようにすると、

頭のふらつきがなくなり、寝やすくなります。


実際に患者さんに試して頂くと、

「直ぐに眠れました♡」

「朝の首の痛みが出なくなりました♡」

など、嬉しい感想を頂きます。


寝ている時も、安定した姿勢で寝れると

疲れも取れるし、免疫力も上がります。



あなたは、寝る時、頭がフラフラしていませんか?



最期までお読みくださいまして

ありがとうございました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること