肩こり解消に肩甲骨を動かす?

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。


「肩こりには肩甲骨を動かすといいみたい」

このようなことを聞いたことがありますか?





  










  背中の上の方、左右にある骨。

  赤いラインでかこってあるのが肩甲骨です。




肩甲骨を自分で動かすことができる人は

「肩こりがない」と思います。


逆に言えば、肩甲骨を動かせない人は

「肩こりがある」

しかも「猫背や巻き肩だ」

このようになっていませんでしょうか?






  





  肩こりさんの

  猫背で巻き肩







実は、

「肩甲骨を意識して自分で動かす」事ができると、

肩こりを感じない身体に変えることができて

「猫背や巻き肩」も解消しますよ。





『肩甲骨を自分で動かす』方法です。

すごく簡単ですよ。


①小指と薬指を肩先にふれます

②ヒジ先で円を描きます(〇を描く)

③このとき、後ろ回しで行います

指が肩先につかない人は近づけるだけで大丈夫です。








ヒジ先で円を描く

後ろ回し



ものすごく簡単なのですが


大切なポイントがあります。


それは、

「いま私の肩甲骨、ギュッと内側に寄ってる!」といった感覚や

「いま私の肩甲骨、上に動いている!」といった感覚や

「いま私の肩甲骨、外側に移動した!」といった感覚や

「いま私の肩甲骨、下にググっと引き寄せられている!」といった感覚を

ご自身で得られることなのです。


ただ、ヒジ先をぐるぐる回しても肩甲骨を自分で動かせるようにならないのです。


「いま私の肩甲骨、ここにある!」


この感覚を感じてください。

これ、大切なことです。



このとき得られる感覚こそ

あなたが自分で肩甲骨を動かせるようになる秘訣なのです。




そして、もう一つ大切なことがあるのです。

それは長年の癖で、肩甲骨を動かせない姿勢になっていると思います。

気がついたら「猫背や巻き肩に戻ってる」


だから「肩こりや猫背や巻き肩になっている」自分に気がついて

「肩甲骨を意識して動かしてみる」

このことを何度も繰り返すことなのです。



小さいことですが

毎日繰り返していると、

気がついたら「私、美しい姿勢になってる!」

そうすると「肩こりがない」自分になっていると思います。

















肩こり知らずの 

美しい姿勢





今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること