自分を好きになる「ねぎらい3つ」

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。


体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。


白馬の保健室では体と心が元氣になること

気がついたら、笑顔になっていた。


そんなふうになってしまう

「痛みの出ない体の動かし方」のお話や

「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」

「健康」

のお話を綴っています。



前回のブログで、

自分に「ねぎらい」をすると自分を好きになれるよ。

と言うことをお伝えしました。




私は毎日

自分に「ねぎらい」をしています。


そのお陰で、以前よりも100倍は自分を好きになったと思います(笑)



やり方はとても簡単で

夜寝る前に今日の自分の良かったことを3つノート書く。


例えば

①朝起きて洗濯機を回した私、エライな~。

②読書をする時間をもてた私、スゴイな~。

③段ボールを紐で束ねた私、素晴らしいな~。


こんな感じです。


エライな!スゴイな!素晴らしいな!よくやったね!

などなど

小さなことでも「ねぎらい」をしてあげること。



この小さな積み重ねが

自分を好きになって

自分を認めてあげる

そんなことが出来るようになるのです。


さらには、

自分への「ねぎらい」を続けていると

他人にも「素晴らしですね」「すごいですね」

と自然に声をかけられるようになっていました。


このような声を他人にかけられる私スゴイな!





今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること