運動後のビールが美味い。それ危険ですから!!

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。


体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。


白馬の保健室では体と心が元氣になること

気がついたら、笑顔になっていた。


そんなふうになってしまう

「痛みの出ない体の動かし方」

「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」

「健康」

のお話を綴っています。




運動をするとき

畑仕事をするとき

遊んでいる時

水分を十分にとれていますか?



体の中の水分がなくなると最悪の場合、

命を落とすこともあります。


まずは、水分が足りていないときに

自分で感じることが出来る症状です。


・夜、足がつる

・フラフラする

・おしっこが濃い黄色

・便秘

などがあります。


このような症状を感じている人が

どのように水分をとっているのかを聞いてみると


「運動中には水分がとらない」

なぜなら

「運動後のビールが美味しいから!!」


これは実はとても危険なんです。

それは

ビールは水分として体に吸収されないからなのです。

他にも

・濃いオレンジジュース

・濃い牛乳

・コーヒー

など。


上記に挙げた飲み物は一見すると体によくて「水分をとったぞ」

と思いがちになりますが

体に吸収されずらい飲み物になります。



水分をとるタイミングは

普通の食事が出来ている人なら

運動前、運動中、運動後にとります。

水でよいです。




最近あった話ですが、

80代の元気なおばあちゃんが

「便秘なの」とご相談に来られました。

コロコロの便がでる。


水分はとっていますか?と尋ねたところ

「とっていない。」とお返事がありました。


コロコロの便が出るということは、

便が出ない。ではなく

便に水分を回せないぐらい体が脱水なんですよ。

体の中が砂漠みたいになっているんです。


そうなるとお米を食べていてもお米の水分も

腸ですべて吸収されてしまい

便の水分に回らず

コロコロの便で硬くなり便秘になるんです。


つまり、

「体が必死になって水分を集めている状態なんですよ」

とお話したところで、


「お水ちょうだい」とその場で言われ

水分補給の大切さに気付いていただけました。


「だって、喉かわかないんだもん」

とおっしゃるご年配の方が多いと思います。


年齢が高くなると

喉の渇きを感じにくくなるのです。

このような場合には、強制的にでも

「30分に一回はコップ一杯水をとる」

などとルールを決めておくと良いと思います。



・夜足がつる

・フラフラする

・おしっこが濃い黄色

・便秘


上記の症状は自分では何でもないと思っていても

体の中は砂漠化していて危険です。


あなたもですが、近くのおばあちゃん、おじいちゃん

子供さん

水分とれていますか?




今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること