風邪を引いたと感じたときに

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。



「風邪を引いた時は身体がより良くなる機会」

と考えてみる。



突然ですが、「風邪をひいた」と感じた時に

あなたは風邪薬を飲みますか?


患者さんの中には、「風邪をひいた」と感じたら、

病院に行って薬をもらう。

という人がいらっしゃいます。


でも、ちょっと待って!

風邪を引いたら→風邪薬が風邪を治してくれる

こんな構図が出来上がっていたら要注意です。


(ちなみに、風邪というのは、鼻水がでたり、咳がでたり、熱がでたり

そんな身体に現れる症状をまとめて「風邪(症候群)」になります。)


なぜかって、風邪薬は、風邪を治すのではなくて、

風邪によってせっかく出ている、症状を止めているだけなのです。


・薬で鼻水を止めたり→鼻水が出るのは菌を流すため


・薬で熱をさげたり→発熱するのは免疫力を活発にするため


・薬で下痢を止めたり→下痢によって腸の悪いものを身体の外に出している


・薬で痰を止めたり→気道にある要らないものを外に出している


そうなのです。

本当は、

身体は良くなろうとして

風邪の症状として活動しているのです。

だから、この活動を止めないことが大事。


では

「実際に風邪かな」と思ったらどうしたらよいのか?

・水分を多めにとる

・ゆっく休む

・体は冷やさない


特に大切なのは、風邪が治ってきた時の過ごし方です。

この時期は

身体が新しく生まれ変わろうとしているので

「治りかけの時に安静にする」こと

「体温が平熱になったら動き出す」ことです。

このようにすることで、

サッパリとして身体に生まれ変わることができます。


だから、

「風邪を引いた時は身体がより良くなる機会」

と考えています。



最後まで

お読みくださいましてありがとうございました。






閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話をお届けしています。 インナーユニット(巷ではインナーマッスルやコア、体幹などと呼ばれています)

ですよこんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 今日は、痛みのある身体を身体の痛みの出ない身体にするときには 順序が大切な

こんにちは(^^♪ 白馬の保健室 村山知子です。 体が元氣なこと、心が元氣なことは繋がっていると考えています。 白馬の保健室では体と心が元氣になること 気がついたら、笑顔になっていた。 そんなふうになってしまう 「痛みの出ない体の動かし方」 「心が疲れない考え方、出来事の捉え方」 「健康」などの お話を綴っています。 もう寝る時間なのに 頭がさえて、目がさえて 寝る雰囲気じゃない!なんて感じること